MP3プレーヤーモジュール 頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用 商い MP3プレーヤーモジュール 頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用 商い 産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 半導体製品,3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用,MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC,/links/,polishtravel.com.pl,1041円 産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 半導体製品,3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用,MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC,/links/,polishtravel.com.pl,1041円 1041円 MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 半導体製品 1041円 MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 半導体製品

MP3プレーヤーモジュール 頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用 お求めやすく価格改定 商い

MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用

1041円

MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用

商品の説明

機能:
1。このプレーヤーモジュールは、サンプリング周波数(kHz)が8 / 11.025 / 12/16 / 22.05 / 24/32 / 44.1 / 48であることをサポートしています。
2。 MP3 / WAVのファイル形式は、このシリアルMP3プレーヤーモジュールでサポートされています。これは非常に役立ちます。
3。このプレーヤーモジュールは、TFカード、Micro TF 2.0カード、および30レベルの調整可能な音量をサポートします。
4。 UART TTLシリアル制御再生モードに適合し、このプレーヤーモジュールのボーレートは9600bpsです。
5。樹脂製のこのプレーヤーモジュールは、長期間使用しても非常に頑丈で耐久性があります。


仕様:




アイテムタイプ:シリアルMP3プレーヤーモジュール
材質:樹脂
モデル:YX5300
電源電圧:DC 3.2-5.2V







パッケージリスト:
1xプレーヤーモジュール

MP3プレーヤーモジュール、頑丈なDC 3.2-5.2VWAVプレーヤーモジュール家庭用電子部品用オフィス用電気部品用電子部品用部品交換用

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »